白ニキビにサリチル酸配合のこの洗顔料がおすすめな理由とは?

白ニキビにサリチル酸配合のこの洗顔料がおすすめな理由とは?

 

白ニキビにサリチル酸配合のこの洗顔料がおすすめな理由とは?

 

 

「白ニキビができないようにするために、良さそうな洗顔料を探しているけれど・・・」

 

 

ネット上を見ても、色々なニキビ対策の洗顔料が紹介されていますし、ドラッグストアでも市販の洗顔料がたくさんあるので

 

「一体、どの洗顔料を選んだらいいの?」

 

という気分になりませんか?

 

 

「洗顔料ランキング〜!」みたいにランキングで洗顔料を紹介しているサイトもありますが、ああいうのって、根拠が乏しいですよね?

 

「なんで、この商品が1位なの?」と感じるけど、説明読んでもよくわからない、みたいな。

 

 

そこでここでは、白ニキビを防ぐのに効果が期待できる、おすすめの洗顔料を、

 

根拠とともにご紹介します。

 

 

これを読んでいただければ、「白ニキビをなんとかしたい」と思っている方は、ここでご紹介する洗顔料でケアしてみてください!

 

まずは、どんなものを選んだらいいのか解説からまいりましょう。

 

まず最初に、どうして白ニキビができるのか、きちんと知っておきましょう

 

白ニキビ対策におすすめの洗顔料をご紹介する前に、白ニキビについて重要な点を確認しておくことが必要です。

 

 

よく、白ニキビのことを

 

「毛穴に古い角質や汚れがつまった状態」

 

みたいに解説されているのを目にしたことがありませんか?

 

 

しかし、これだけだと、重要な点が伝わっていないんです。 

 

あなたの白ニキビ、どんな風に見えますか?

 

重要な点とは何なのか解説します。

 

あなたは、顔にたくさんできた白ニキビを、鏡で散々見てきたことと思います。

 

白ニキビを鏡で見る女性

 

その白ニキビを、鏡でじっくり見てみてください。

 

(または、白ニキビを見た時のことを思い出してみてください)。

 

 

白ニキビを実際に見て、

 

「毛穴に汚れがつまっているなー」

 

と思いますか?(黒ニキビだったらそう見えるかもしれませんが)。

 

 

 

毛穴に汚れがつまっている、というよりも、

 

「毛穴が閉じてしまっている」

 

ように見えませんか?

 

 

世の中には、ミカン肌だとか言って、毛穴が開いてしまって困っている人もいますよね?

 

では、なぜ白ニキビは毛穴が閉じているのでしょう?

 

 

どうしてこんな風に毛穴が閉じているのか?

 

それは、毛穴周辺の角質が厚くなってしまっているからなんです。

 

白ニキビができやすい人は、毛穴周辺の角質が厚くなりやすいんです。

 

ちなみに、毛穴周辺の角質が厚くなってしまう症状のことを「角化異常」といいます。

 

 

白ニキビは、毛穴周辺の角質が厚くなって、毛穴が閉じている状態

 

白ニキビの正式な名前は「閉鎖面皰(へいさめんぽう)」です。

 

この名前からもわかるように、

 

白ニキビは毛穴が閉じ気味なってしまっている状態です。

 

ですから、白ニキビを防ぐには、角質が厚くなって毛穴がつまるのを防ぐのがいいわけです。

 

 

そこでおすすめしたい洗顔料が、ノブ ACアクティブ ウォッシングフォームです。

 

ノブ ACアクティブ ウォッシングフォームの重要なところは、

 

◎サリチル酸

 

◎グリコール酸

 

の2つのピーリング成分を配合していることです。

 

 

じ・つ・は

 

サリチル酸とグリコール酸には、ともに角質層を柔らかくする作用があるんです。

 

 

毛穴付近の角質を柔らかくすることことで、白ニキビができるのを防ぎやすくなる効果があるんです。

 

日本皮膚科学会のガイドラインでも、

 

ざ瘡(面皰)に対して,標準治療が無効あるいは実施できない場合にグリコール酸を用いたケミカルピーリングを選択肢の一つとして推奨する.

 

------

 

ざ瘡(面皰)に対して,標準治療が無効あるいは実施できない場合にサリチル酸マクロゴールを用いたケミカルピーリングを選択肢の一つとして推奨する.

 

日本皮膚科学会尋常性ざ瘡治療ガイドラインより

 

※さ瘡(ざそう)=ニキビ
※面皰(めんぽう)=白ニキビや黒ニキビのこと

 

とあるんです。

 

つまり、日本皮膚科学会で、ニキビ治療にサリチル酸やグリコール酸でのピーリングが推奨されているんです。

 

もちろんこれは皮膚科向けのガイドラインです。

 

ノブのマイルドピーリングと、皮膚科で行われるピーリングでは、ピーリング濃度など作用に違いはあります。

 

(もっとも、高濃度のピーリングは、毎日の洗顔には向いていませんが。)

 

 

しかし、ノブの洗顔料でのピーリングも、サリチル酸やグリコール酸でのピーリングであることには違いはありません。

 

毎日の洗顔でニキビ予防ができたら理想的だと思いませんか?

 

⇒ノブ ACアクティブ ウォッシングフォームについて公式サイトで詳しく見てみる

 

 

ノブACアクティブシリーズは、市販でも売っていることはありますが、どこのお店でも売っているわけではありません。

 

家の近くのドラッグストアに売っていないか見てみるのもいいですが、探す手間とかを考えるなら、ネットで買ってしまうのが早いと思います。

 

学生の方だと好き勝手にネットで購入できないかもしれませんが、大人の人だったらネットでサクッと買ってしまうのが早いですよね。

 

牛乳石鹸、ロゼットの洗顔パスタ、肌美精の洗顔料よりも、ノブACアクティブの方がいいの?

 

牛乳石鹸、ロゼットの洗顔パスタ、肌美精の洗顔料などよりも、「ノブACアクティブの方がいい」とか、そういうことはありません。

 

それぞれ特徴が違うからです。

 

牛乳石鹸…安い、洗浄力が強くないので敏感肌の人でも使いやすい。

 

ロゼットの洗顔パスタ アクネクリア…Wクレイで皮脂を吸着、グリチルレチン酸で炎症を抑える

 

肌美精の洗顔料…炭酸泡でマッサージしながら洗顔ができる

 

それぞれの特徴は、こんな感じだと思います。

 

ただ、ノブACアクティブはソフトピーリングを主軸にした洗顔料なので、これら3つの洗顔料とは中身が違います。

 

中身が違えば、効果も当然違ってきます。

 

ノブACアクティブって、大人ニキビでも大丈夫なの?

 

ノブACアクティブ・シリーズは、大人ニキビがある人でも大丈夫です。

 

むしろ、洗顔料以外(化粧水や乳液)は、保湿を重点に置いているので、大人ニキビに悩んでいる人向けに開発されています。

 

 

洗顔では皮脂は取り除きすぎてはいけない

 

毛穴がふさがり、そこに皮脂がたまることが、白ニキビ発生の始まりとなります。

 

 

ですので、

 

「皮脂が白ニキビの原因になっているなら、ガンガン洗顔して皮脂を取っちゃえばいいじゃん!」

 

と考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

ですが、この考え方はアウトです!

 

 

皮脂は、取り除きすぎてもいけません。

 

 

皮脂は肌にとって必要なものでもあるんです。

 

皮脂は、肌を乾燥から守る油膜なのです(皮脂膜)。

 

皮膚から皮脂がなくなってしまうどうなるでしょう?

 

皮脂がなくなれば、肌はから水分がうばわれてしまい、どんどん肌は乾燥してしまいます。

 

肌の乾燥は皮脂の増加を招く

 

人間の体は60%程度が水分ですので、水分が過度に失われてしまうと命にかかわってきます。

 

これはまずいので、肌から皮脂が取り除かれてすぎると、防御反応で、逆に皮脂が過剰に出てきてしまうのです。

 

 

皮脂は取り除きすぎてもダメです。

 

 

ニキビを改善させるためには、洗いすぎないことと、しっかりと肌を保湿することが大切です。

 

ノブ ACアクティブ ウォッシングフォームは、洗浄力が強いのでは?

 

ノブ ACアクティブ ウォッシングフォームは、

 

「ピーリング成分が入っているから洗浄力が強いのでは?」

 

と思うかもしれませんが、ピーリングと言ってもマイルドピーリングですし、うるおい感を残す洗いあがりに作られているので大丈夫です。

 

⇒ノブ ACアクティブ ウォッシングフォームについて公式サイトで詳しく見てみる

 

 

洗顔のあとは保湿もしっかりとやる

 

肌が乾燥すると、肌の保護のために皮脂分泌が活発になってしまいます。

 

また、肌の乾燥は、角質が厚く肥大する原因ともなります。

 

そのため洗顔のあとの保湿も、とても重要です。

 

白ニキビができるを防ぐには、洗顔と保湿はセットで考えましょう。

 

 

保湿には、ノブ ACアクティブのフェイスローション を洗顔料とセットで使うのがおすすめです。

 

ノブ ACアクティブのフェイスローションは、保湿成分などがしっかりと配合されています。

 

今ならノブ ACアクティブ・シリーズ5種類がセットになったお試しセットが、1,500円で手に入ります。

 

この価格で、ニキビができないようになるキッカケとなれば、安いものだと思いませんか?

 

 

白ニキビは、赤にニキビなりやすいので素早い対策を!

 

白ニキビは、それ以上悪化せずに治ってしまう場合もあります。

 

逆に、白ニキビからさらに皮脂がたまってきて、赤く腫れたニキビになってしまうこともあります。

 

別名ニキビ菌とも呼ばれる「アクネ菌」にとって、皮脂はエサです。

 

毛穴に皮脂がたまってくると、アクネ菌が繁殖してきて、炎症ニキビの引き金になってしまいます。

 

黒ニキビよりも白ニキビの方が赤ニキビになりやすい

 

黒ニキビは毛穴が開いています。

 

一方、白ニキビは毛穴が閉じてしまっているので、毛穴の内部が皮脂のプールのような状態になっています。

 

それゆえ、黒ニキビや微小な毛穴づまりと比べると、白ニキビは赤ニキビに発展しやすいです。

 

逆に言えば、白ニキビができるのを防ぐことができれば、赤ニキビができる確率もかなり下げることができると言えます。

 

⇒ノブ ACアクティブ ウォッシングフォームについて公式サイトで詳しく見てみる

 

 

ニキビの有効成分と言えば、グリチルリチン酸じゃないの?

 

ニキビの有効成分としては、グリチルリチン酸も有名ですよね。グリチルリチン酸を含んだ化粧水とかもあります。

 

グリチルリチン酸は、炎症を抑える作用があるので、どちらかというと、赤ニキビが多くあるような場合に効果的だと思います。

 

だから、洗顔料と言うより、化粧水に含まれているのが普通ですね。

 

白ニキビが多くできるのが悩みなのであれば、ノブのACアクディブを使ってみる価値は十分ありますよ。

 

ニキビのできる原因は複数あるので、人それぞれ、肌質が異なれば、ニキビのできる原因も違います。

 

今使っているニキビ・ケア洗顔料で効果が感じられない場合は、他のものを試してみるのも大切です。

 

自分にあったニキビ・ケア製品を見つけることができれば、それだけで大きくニキビが改善することもあるからです。